出会い

出会い系サイトでセフレを作りたいという人のために

投稿日:

出会い系サイトでセフレを作りたいという人のために

セフレ関係に興味があるのなら、出会い系サイトのセフレに特化したコーナーを訪問したほうがいいでしょう。

ある程度の注意をすることで、きっとセフレが見つかります。

セフレとは、セックスだけの繋がりで成り立っている関係です。つまり、性の相性がなければ成り立ちません。

逆に言えば、性の相性さえあれば、あとは何にもタッチしなくてもいいのです。

恋人関係や夫婦関係の、セックス以外の煩わしさが一切存在しないのです。

セックスだけに特化した異性関係と言われるゆえんです。

人妻とセフレ関係を持ちたいと妄想する男性は多いものと思われます。

出会い系サイトにおいて、出会える機会がやってきたら、そろそろ大人の関係を考えて見ます。

一回目のデートではキスぐらいまでで「寸止め」、今後の展開を予想させます。

他愛のない会話でその場を和ませ、「やれるけどやらない」姿勢を見せます。

人妻とのデートは、結婚していない女性よりは、ずいぶんと手間がかかりません。

しかし、人妻が背徳感に囚われる場合もありますから、相手の空気を読むことは大切です。

「人妻をセフレに」と考えているならば、最初のメールが特に大切です。

メール内容は、真摯な態度が感じられるものでなくてはいけません。

「下ネタ満載」メールなどはもってのほかです。

メールの中に結婚とか人妻とか書くのはNG。

単なる女性として扱うことが肝。

忘れかけていた「ときめき感」を刺激してやりましょう。

それこそが女性として認めたことなのですから。

例外もあるでしょうが、ほとんどの人妻たちは夫以外の男性と食事をしたり、会話を楽しんだりしたいと思っています。

それはなぜかと言うと、結婚してからずっと本当の女性としては、夫からさえも見てもらっていないからです。

期待と背徳感が入り混じった、不思議な感情に身を置きたいと常々思っています。

そういう思いに駆られているのだと推察して、女として扱いましょう。

期待通りの結果が待っているはずです。

メール交換では、相手の喜びそうな話題・言葉を見つけます。

普通の既婚日本男子の言わないような言葉を捜しましょう。

それは夫が一番言わなかった言葉だからです。

夫からのやさしさ言葉に飢えていることが考えられるので、そういう言葉を拾い集めます。臆することなく、優しい言葉で攻めてみましょう。

ネットではセフレ関係のコーナーで、一回で終わるのならば、食事代とホテル代を渡してセックスしても、いいのではないかとの書き込みがありました。

食事代とホテル代ですから、女性の体に払った金ではないと言ってしまえば、売春ではありません。

しかし、これではセフレの掟に反します。

明確に援助交際・売春ではないかもしれませんが、限りなく売春に近いような気がします。

自由恋愛という言葉からは完全に離れてしまっています。

ネットでは「選択肢を広げるため」こうした手もあります、という説明でした。

優良出会い系サイトのセフレコーナーにも、デリヘル業者の影が感じられます。

デリヘル業者は一般人に混ざってデリヘル嬢を紛れ込ませ営業を行います。

当然、そこには金銭が介在することになりますから、一般的なセフレ関係構築とはなりません。

運営者側もむげに排除はできないようで、利用者は気をつけることしか対策はありません。

利用者も「まっいいか」と思ってしまうこともあるので、デリヘル業者は常に常駐しているようです。

デリヘル業者の見分け方としては、性的表現が露骨過ぎるということです。

普通、女性はメール交換を介して、付き合う内容等は決めていくものです。

露骨な表現は使いません。セフレ体験談を見ていきましょう。

Aさん・30代・会社員・男性
妻とのセックスレスのため、出会い系サイトでセフレを探しました。

そもそも、妻が一人目の子を宿した時、妊娠中毒症になり、それから出産後も私を避けるようになりました。

妻と子供とはうまくいっているので、離婚などは考えませんでしたが、性の欲求だけはいかんともしがたく、セフレ関係を選んでしまいました。

相手の女性ともうまくいっているので、この関係は続けていくつもりです。

Bさん・30代・自営業・男性
妻は専業主婦ですが、体はあまり強いほうではありません。

疲れた様子から夜の営みも敬遠しがちになりました。

最初は風俗などに通っていましたが、出会い系サイトのセフレコーナーを見てから、ためしに登録してみました。

思ったより早くセフレ候補者が見つかり、今では週一で逢瀬を楽しんでいます。

Cさん・会社員・40代・女性
仕事に没頭し、気がついたら40歳。

恋愛も遠い昔のこととなってしまった。

このままで終わることへの恐怖に自殺まで考える時がありました。

恥をしのんで出会い系に登録してみました。

熟女コーナーに掲載された時はへこみましたが、「熟女の色香に参りました」的な書き込みを見つけ勇気付けられました。

一週間と経たない間に、メールを貰い、付き合うようになりました。

とても女として扱ってくれる男性なので、気に入っています。

「女は愛されてなんぼ」と言う言葉を体現できました。

いろいろな書き込みや体験談・口コミを見ていると、男ってみんなやさしいな、と思うようになりました。男は女と違い、時期が来る前に「放出」し続けなければならない動物なのです。

性欲が強いとか弱いとかの問題ではなく、神様が男を作る時に、放出し続けることを義務化したのです。

なので、男はそれ以来、放出し続けなければならなくなりました。

これは好みの問題ではなく、運命・性(さが)なのです。

セフレ関係という間柄は、こんな男たちになくてはならない宿命の極みではないでしょうか。

-出会い

Copyright© 最新出会い系サイト事情にアジャストしたい! , 2021 All Rights Reserved.